CI、VIの事例を眺めながらインスピレーションを得る。

世界のCIVIビジュアル展開例事例集

私はデザイナーではありませんけど、時々デザインされたものとかを眺めるのが好きです。ブランドイメージとかってやっぱりビジュアルから入ってくることが多いし、本当に戦略的にやっていかないといけないところなんだと思う。(って軽く書いちゃうと、なんだか薄っぺらいけど、身近なところでも同じだと思う。) 続きを読む

インフォグラフィックも顧客視点、読者視点、ユーザ視点で。

インフォグラフィック

インフォグラフィックは本当にあちこちで見かけるようになったけれど、インフォグラフィックにしたからといって分かりやすくなるわけではないという事例が掲載されていました。何でも同じなんですね。情報を詰め込み過ぎると、分かりづらくなる。言いたいことは1枚(1ページ)につき1つだけがいいのかも。 続きを読む

【まだなにも決まってはいない。】の、ナイキのコピーがステキですよね。

まだ何も決まっていない。

7年後の自分は決まっていなくて、どうなっていくかは、今その時の自分自身の決断とか判断の連続で決まっていくもの。だから東京オリンピックが決まったけど、あなた自身は何も決まったわけじゃないよ!というメッセージ。 続きを読む

こういう雰囲気のアプリケーションのテーマデザインもありだな。

仕事でフォトショップを使うことはほとんど無いのです。しかもモックアップなんて、申しわけないくらいにPowerPoint様をフル活用させてもらっています。こんなお洒落に見せることは、今のところないけど、見せれるなら見せてみたい(笑) 続きを読む

コンテンツマーケティングで一番重要なのは中身という当然のことを想う。

MMD import

「コンテンツマーケティング」ということが、ここ最近、さらに注目度を増しているような気がしています。“コンテンツ”って一言でなかなか伝えることができないものです。よくよく考えてみたらコンテンツ=contentsを直訳すると「内容」とか「中身」とかっていうとてもざっくりしたものですもんね。 続きを読む

人を動かすコピーライティングスキルを身につけるために必要な要素とは?

エンピツでつくるハート

“ものを書く”ということは、それが職業コピーライターであれ、ブロガーであれ、そうではない人であれ、「人にメッセージを伝える」という風に考えれば、誰だって重要な身につけておいて損はないスキルだといっても過言ではないと思います。書くためにはたくさんの経験というインプットをする必要がありますね。 続きを読む

BRUTUSが陳腐化しない理由とは? 編集長、名言多い!

ブルータス

いろんな事象を客観的に見ることも大事だけど、いろんなことを自ら体験して、その結果としていろんな思いをして、経験値を増やすことは、それだけその人自身もそうだけど、その人が創りだすものの魅力も増えるんだろうなと思う。安心安定だけを求めていくような人生に私は反対です(笑) 続きを読む

広告コピーは商品にちょっと足りないくらいがちょうどいい。

お酒を飲みたくなる夜に

広告代理店につとめていようが、コンサルティング会社につとめていようが、自社サービスをマーケティングする立場にいようが、みんな一緒だ!成果を目指して、考え抜いて実践して、改善を繰り返して、利益を最大化することを目指すんだ。 続きを読む

シャア専用オーリスって、やりますよね!

最近、トヨタの車づくり(話題づくり)が変化した!と、率直に感じるのは私だけでしょうか?!もはや万人受けとか言わせないような攻めの姿勢が少しずつ見え隠れします。個人的には「いけー!もっと!!」という気がしています。 続きを読む

企画やアイデアはアーカイブの蓄積から

ホンマタカシさんサイン

企画やアイデアを創出するためには、アンテナを常に高くはって、視野を広くたくさんの事象に触れて、いっぱい行動して、様々な人に会って自分のアーカイブというかライブラリーのようなものを蓄積していく必要があるんですね。 続きを読む