イメージを伝える重要性とむずかしさ。

イメージを伝えるためには

世の中、イメージで出来ている。 イメージが湧かないものは、この世に存在していないに等しい扱いを受ける。 だから世の中の人にイメージが湧いてもらえるような仕掛けをしないといけない。 イラストなどがささっと描ける人が心底羨ま 続きを読む

キーワード「tl;dr」とは?世は正に非言語コミュニケーション時代へ進む?

iStock_000021779385Small

いろいろな情報が溢れているし、みんななんだか忙しいし、そう考えると、いかに短く直感的に視覚に訴えながらメッセージを訴えていくかというコミュニケーション方法が主流になってくるのかもしれない。まぁ、それが良いかどうかは別として…。 続きを読む

CI、VIの事例を眺めながらインスピレーションを得る。

世界のCIVIビジュアル展開例事例集

私はデザイナーではありませんけど、時々デザインされたものとかを眺めるのが好きです。ブランドイメージとかってやっぱりビジュアルから入ってくることが多いし、本当に戦略的にやっていかないといけないところなんだと思う。(って軽く書いちゃうと、なんだか薄っぺらいけど、身近なところでも同じだと思う。) 続きを読む

Facebookのフィードのエッジランク向上とGoogleの検索結果のページランク向上。

Social Media & Marketing

Facebookにしてもユーザにできるだけ快適に利用してもらいたいし、Googleだって検索結果の信頼性を向上したい。そうなると、ユーザが欲しい情報にたどり着けることや、関係ない情報を出さないこと、ユーザが楽しいとか共感できる信頼できる記事、コンテンツをつくっていくことがやっぱり重要なのですね。何でも本質は同じということか~。 続きを読む

擬人化ゲームが増殖中?と、クラウドファンディングについて一考する。

バトルタンクガールズ

戦車が女の子になったソーシャルカードゲーム「バトルタンクガールズ」が、CAMPFIREで資金集めをしていました。ゲームに「擬人化」の波がきていますよね(笑)火付け役はやっぱり艦これなんですかね。コンテンツが力を持つ時代ですよね。本当。 続きを読む

インフォグラフィックも顧客視点、読者視点、ユーザ視点で。

インフォグラフィック

インフォグラフィックは本当にあちこちで見かけるようになったけれど、インフォグラフィックにしたからといって分かりやすくなるわけではないという事例が掲載されていました。何でも同じなんですね。情報を詰め込み過ぎると、分かりづらくなる。言いたいことは1枚(1ページ)につき1つだけがいいのかも。 続きを読む

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶを読んだ個人的まとめ。

Rose Skull

「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」を読みました。同じブライアン・ハリガンさんの著書の「インバウンド・マーケティング」も以前に読んだことがありましたのですっと入ってきました。近年のマーケティングの考え方として重要な要素がたくさん! 続きを読む

ユーザがユーザを呼ぶ仕組みは気持ち良いくらいシンプルなのかも。

Dropbox

先日読んだ本にも同様にDropboxが広告に費用をかけずに、ユーザー数を増やしていった事例が掲載されていましたが、この記事もとても分かりやすかったです。どのようにサービスの利用者を“気持ちよく”増やしていったのか。利用目的や機能がシンプルだから、このあたりもよりシンプルにしたことが功を奏しているのかな。 続きを読む

目標達成を促して成果に結びつけるための大本命サービス、できました(!)

TREE Management & Marketing

チームで目標達成をできていますか?お客様や従業員と信頼関係を築けていますか?離れ離れでも一体感はありますか?成果につながる行動を習慣化できていますか?私たちには解決するサービスがあります。ということで、私の所属する会社にて、事業の方向性、サービスの内容などを整理し、提供していく価値が明確になりました。 続きを読む

ベンチャー企業がブレークスルーするために何が必要か、ひとり言。

あれこれ考えるとわくわくする!

ベストプラクティスとか、前提条件とか、常識みたいなものを取り払ってフラットな頭で考える必要があるなと思う。新たな事業でブレークスルーするには、そういった頭の切り替えが必要ですね。あと、弱みを理解して、それを強みに置き換えること。 続きを読む

最近よく目にするエンゲージメントという言葉についての雑感と備忘録メモ。

エンゲージメントする相手は応援したくなる存在?

エンゲージメントという言葉、マーケティングの分野でよく聞く言葉です。ソーシャルメディアや、ブログやその他のCGMが普及してきたことで、企業とお客さんが“対等”に発信したりコミュニケーションをしたりできる時代になったことで、その重要性が増しているもの。 続きを読む