現役高校生で何のアプリが流行ってるのか聞いてみた2015正月。

女子高生や男子校生のアプリ流行りは?

先日、現役高校生の弟と妹に話を聞いた。 高校3年生の弟はInstagram。 高校2年生の妹はTwitter。 なのだそう。 Facebookはないだろうなと思っていたが、LINEでもなかった。もしかするとLINEは、メ 続きを読む

器用貧乏とは、ただの「自分でやりたがり」だと自戒の念を込めて気合を入れる。

気合をいれていく!

今日で仕事納め。細かく言うと、まだ納まっていない仕事もあるのでしょうけれど、宿題もいっぱいありますが、一時休戦です。 来年は忙しくなりそう。良い意味で大変にしたいです。 ところで、だいぶましになったとはいえ、私の反省すべ 続きを読む

腹立たしい営業電話から逆説的にサービスのあり方を考えてみる。

こんな優雅に営業電話かけてないけど

某G〇Oソリューションパートナーズという会社からの営業電話が腹立たしいという話。 「御社のサイトを見てご連絡していまして」「当社の新サービスの事例になっていただきたく」というのが決まり文句。これがまた「サイトごと」に連絡 続きを読む

売りたいものより、まず売れるものに資源を集中させること。

こんな簡単なことに気付かなかったなんて...

明確な筋道を用意することの大切さ。時に立ち止まり、売りたいものよりも、まずは売れるものに集中投下することの必要性。「売るのではなく、売れる」状態をつくることが大切なのだ。 続きを読む

人工知能の可能性について思いを馳せつつ。

人工知能の可能性

先日、人工知能(artificial intelligence、AI)に関する講演を聞きました。 個人的にとても興味ある領域です。 ちょうど最近話題になったこととして、ホーキング博士による人口知能の発展に対する警告。「人 続きを読む

世の中の変化に疎い旧態依然組織&リーマンは衰退あるのみ。

残念だ。

世の中の「当たり前」っていうのは、どんどん変化していくものだと思う。変化しているのに気づかず、旧態依然としたものにしがみついている人や組織は「茹で蛙」そのものだ。きっと市場での競争力は失われ、ジリ貧になり、衰退していくんだろうな。 続きを読む

過去の成功体験に固執し過ぎると成長のチャンスを逃すもの。

ガッツポーズする人

人は素直なほど成長するという話は、いろんなところで聞く話だ。頑固で自分のやり方に固執すると、新たなことを学びとろうということをしない。それでうまくいっていて、自分のやり方に自信を持つからだろう。 最近思うことがあります。 続きを読む

泥臭いトライアンドエラーリフレイン。

20140603-211615-76575317.jpg

ベンチャーっていうのは、ほんまに泥臭い。トライANDエラーどれだけ繰り返すのだ! でもそのサイクルを高速で回せるフットワークの軽さ、柔軟性が醍醐味なのだ。 ただしここでも条件があって、資金力はないし人材も限られているから 続きを読む

食わず嫌いなビジネス交流会でプレゼンをしてみて感じた事。

交流会は苦手です

ビジネスコミュニティなる交流会でプレゼンをさせていただきました。いわゆる、ビジネスマッチング系の場所です。正直なところ、どうも私はこういった場が苦手でして、いつも毎回どんな時でも交流の場になると固まってしまいます(笑) 続きを読む