デロリアンが電気自動車になれば。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』デロリアンが電気自動車に!2013年に発売予定! – シネマトゥデイ.

なんと、デロリアンが電気自動車になるらしい。それもちゃんとした販売品として。素晴らしいですね〜。消費者のことをよく分かっている!(?)

デロリアン! © by kakutani

タイムマシンにまた一歩近づきましたね。

電気自動車(EV)って、どうしてこう、流線型だったり、変に昔見た映画やアニメの中に出て来るような未来的イメージに仕立てちゃうんだろう。メーカーのデザイナーのセンスを疑う。

欲しいかな?

ただでさえ、自転車を中心とした生活の人が増えたり、車離れがあるっていうのに。(そういった意味で、日産リーフが、蓄電池の役割をして、ある意味「家電」として生き残る道を模索したのは、すごいと言わざるを得ないと思う。)※参考記事:走る電池になった日産リーフ【クルマが住宅へ電力供給】

 

デザインがいまいちなのは、空気抵抗を減らすための、合理的なデザインなのだろうか。電池の大きさや場所の問題だろうか。

クルマをほんとに、ただの移動手段としてしか捉えていない人にとっては、どっちでもいい話か。でも、クルマって住む環境によるけれども、多くの場合は嗜好品で贅沢品だと思う。そんなとき、かっこいい!かわいい!というクルマじゃないと、売れないのじゃないか?

と、私は思います。海外のメーカーなら、かっこいいクルマ出しそう。日本のメーカーは今のところ期待薄...。正直、ましなのはHONDAのCR-Zかなって思うけど。(家族向きじゃないけど)

でも、デロリアンをだいぶ前に日本人がEV化していたとは。

自分はまだまだガソリン車派。一応エコカー。でも、将来乗りたくなるEVがあったら、懐に余裕があれば(笑)、購入してみたいな、とは思うよ。

そういえば、沖縄に、普通の乗用車をEVに改造してしまう会社があった気がする。

 

バックトゥザフューチャーばりに、未来へ行ってみたいね。ちょっと過去にも戻ってみたいときがあるけどね。青春時代とか。

バックトゥザフューチャーは、今振り返っても、ほんとに名作ですね!ああ、USJに行きたくなった。また全作を見てみたい。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。