マーケティングは創造より想像で感動を!@schoo

干場弓子先制@schoo

干場弓子さんの講義をWEBで受け、

schooのビジネスクリエイティブ学部の講義にWEBから出席するのは3回目。今回も短い時間の中にも、とっても密度が濃い時間だったように思います。

[価値想像理論:干場弓子先生]

売れる本(サービス/コンテンツ)には2つの条件

①ヒット作をつくろうという意志を持ってつくられている。
(けっこう当たり前ではないらしい。ヒットしなかった時のショックを少なくするために編集者も著者も予防線をはっているケースがあるみたい。逆に売れることだけを考えているケースも。)

②DIS+COVERがある。(さすがDISCOVER21!)
覆いをはずすという意味がある。
先入観、前提、思い込みをはずしたときに、新しい価値となる。

潜在的ニーズに応えることでヒット作は生まれる。では、その潜在的ニーズを発見するには小手先のマーケティングではもちろんだめ、ひとりよがりの自己表現でもだめ。マーケティング×独自の発想によって、革新的ベストセラーが生まれる。

DISCOVER(新たな価値をつくる)3つの要素

e=mc2という公式がある。(相対性理論)

アイデアというのは0から出てくるものではない。
できるだけ多くの情報を集めて、意外な組み合わせをした時に起こるもの。

cの部分は...
collect 知識の引き出しは多い方がいい

combine 思いがけない組み合わせ

色も形も異なる組み合わせがあるとき、アイデアが生まれるもの。

↓アイデアのつくり方(ジェームス・W・ヤング)

アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもないということである。(中略)事実の関連性をみつけだす才能に依存するところが大きいということである。アイデアのつくり方

自宅で久しぶりにこの書籍を本棚から出して手に取ってみて、シンプルだけどほんと説得力がある内容だなと思いました。(干場さんも定番となっているこの書籍のことについて触れられていましたね!)

どうして同じところにいても、見えているものと量が違うのか?
どうしたら思いがけない組合せを思いつけるのか?となると、面白い干場さんなりのお話がありました。

記憶力がよすぎないほうがいいかも。記憶が曖昧だと、間違えて記憶の引き出しに入れることがある。これが新たな発想になったり?!

実際にこれって分かるかもしれない。知識をたくさん吸収する必要はあるけれど、あれがこうなって、これがこうなってとかっちり覚えているよりも、雑多な様々な知識や経験が積み重なって、在る時ふと新しいアイデアになったり。(それこそ、ソーシャルラーニング的な環境が整っている今、Twitterとかでもいろんな情報を得る事ができる。雑多なw。)

そして、mは…
目標・目的・問題意識

どうしたら、問題意識をもてるのか?目標を持てるのか?

そのためには、視点を外側に向けること。
利己⇒利他へ。利他の視点を得るためには、想像力が必要。

才能や経験は授かったものであるという認識から、そのことに感謝し、社会に活かそうと思うことが大切。それはつまり相手の気持ちを想像すること。

そうするとmは…
missionに変化する。
(社会のためになろう、とう思いが含まれる)

想像力は創造力へ。
想像力を高めるためには、人生にミッションを持つこと
それが創造へとつながる。

干場さんがおっしゃっていたが、子どもを持った時に、世間で起こる社会的なことを自分のこととして考えるようになったとのこと。これは私も少なからず、親になって初めて分かることがたくさんあります。社会貢献!なんて大それたこと(?)でなくとも、何かしら覚悟って変わるものです。

そのmissionがDISCOVER(新しい価値)かどうかの見分け方は、
「感動があるか?」→moving

ちなみに、missionを持った時にカラーバス効果が頭の中のどっかで発動するのではないのかな。なんて思ったり。

創造力より想像力。⇒価値想像理論というお話でした。

最後にヒット作を創ろうとすること/DIS-COVERがあることの、2つの条件を加味した、企画を考えてみて!(書籍でもなんでも!)という宿題が出ましたよ!(自分たちで考えるきっかけを提示してくれるのも、schooのよいところなのかな。)

schooでの講義+Evernoteで復習してみる

少し最後に余談。同じようにやっている人はもしかすると多いかもしれないけど。

実際、私の場合、ブラウザで画面を立ち上げ講義に参加しながら高速メモタイピングw時折、余裕があればチャットに参加してみる。終了後も、参加者のチャット履歴やリアクションを見て新たな発想や気付きを得る。

メモをパソコンからEvernoteに貼付けて、移動中にスマホアプリからメモをもう一度読んだりして自分の中で消化する。

私の場合、タイムリーにコメントしたりするのが少し苦手なのですが、後から「あ、そういうことか!」と思ったり、これまでの知識とつながったりして、やっと消化できるんです。

今日は半分仕事しながらの受講...だから余計に...。

ああ、ちなみにe=mc2のeは明日への「energy(エネルギー)」だ、なんてね!!こういうふうに何かしら学ぶことは、また次へのエネルギーになる気がするやん!

前回のschoo記事はこちら>オモシロさは人を動かす企画の構成要素@Schoo

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。