SocialLearningは動機付けとなるネタが大切なのかもしれない。

ウェルビネFacebookページ

最近、というか今度はきゃりーぱみゅぱみゅのCANDY CANDYが頭から離れない@haccy_miyakkeです。

今私がやっていることと、ソーシャルラーニングについて考えることがあったのです。

つまりメンバーが能動的にコミットする姿勢を取らなければ、情報伝達はおろか、グループでのコミュニケーションは成立しないのだ。

引用元: CastaliaのFacebookグループを愛しきソーシャルラーニングの場に変えた7つのステップ | ソーシャルラーニング.jp.

ソーシャルラーニングって、メンバーが能動的に関わる事が第一条件ですよね。逆に能動的にお互いが関わり合っている場って、それは既に“ソーシャルラーニング”な場になっているんですよね。

能動的に、それぞれが主体的に物事を学んだり、進めたりすることって、やっぱり根源にモチベーションというものがあるのかな。でも、お仕着せのモチベーションではやっぱり意味が無い。だから必要だって気付かせること、つまり動機付けがキーワードになる!

今、準備しているメディアがあります。何かしら来てくださる方々、読者の方がに気付きを持ってもらい、それがその人や周囲の人々にとって“ネタ”になるようなコンテンツを提供していきたい。そのネタによって、誰かのアクションにつながることを祈りながら〜!

メディアという形態ですが、ソーシャルラーニングの要素が本当に重要だと思っています。最初は未熟な感じかもしれませんが、善い影響を振りまくようなプラットフォームにしていきたいな。

というわけでいろいろと小出しにしているFacebookページはこちら。(まだいろいろt準備中なのでですが!)

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。