いま大事なのは教育ではなく学びのほうという話。

教育よりも学びという話。何を学ぶかではなくどうやって学ぶか?

WIRED VOL.5 GQ JAPAN.2012年10月号増刊を読んだ。「そうそう、そうなんだよ!」と、感じていたことが記事になっていた。

教育に携わる方、子を持つ親、ビジネスパーソン。読んだ方がいいと思う。きっと気付きがあるような気がします。

サブタイトルが

「教育」は終わった、「学び」が始まる“未来の学校”

です。

MITメディアラボからの3つの提言と、雑誌の冒頭にある「EDITOR’S LETTER ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングルジム」は特に必見です。

詳しくは実際に読んでほしいですけど。

MITメディアラボ所長の伊藤さんの提言。

いま大事なのは「教育」ではなく「学び」のほうです。学ぶためのパッション、学ぶためのコラボレーションをどうやって子どもたちに授けていくのか。(中略)子どもたちはむしろ、何かへの興味を友達やコミュニティから得ていくんです。マンガでもゲームでも、興味をもったところに行動が起こり、その行動のなかから「学び」が起きてくる。WIRED VOL.5 GQ JAPAN.2012年10月号増刊より

これ、子どもだけに限らず、大人にも向けられたメッセージです。その中で、もはや地図は役立たない、必要なのはコンパスだ、とも述べられています。

自分で考えながら実際に行動すること。つまり自律。仲間との学び合い、励まし合い、競い合い。「自律と認め合い」をキーワードにしたうちの会社のトレーニング手法に通じる部分です。

一方的な教育は古いとか悪いとかいうわけではないし、必要な場合もあるとは思うけれど、もっと頭の固い学校関係者とか教育委員会とか企業の教育担当者とかは、時代の流れに気付いた方がいいんちゃう?って本気で思うよ。というひとり言。

また後日、別の記事に絡めて私の考えをご紹介したいと思います。

Learning > Education

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。