電子教科書が当たり前になりつつあるんですね、海の向こう。

電子教科書が進んでる

オックスフォード出版社、ベストセラー英語教材の電子書籍化で、韓国アイ・ポートフォリオ社と提携 – Sd Japan.

本当に、お隣の韓国は教科書等の「電子書籍化」がすっごいスピードで進んでいるなと感じる。先日読んだ話で、コンテンツファーストの電子書籍端末でも書いているのですけど、ハードウェア先行の日本に対して、コンテンツ先行で、どんなハードでも教材を見れる仕組みを整えていっているとか。

年間売上高1兆2千億ウォン(約1,000億円、2012年度オックスフォード年次報告書より)のオックスフォードが、5%程度の売上をデジタル教科書に切り替えたとしても、アイ・ポートフォリオ社は、年間数十億ウォン(数億円)以上の収入が得られることになる。高付加価値のソフトウェア輸出のベストプラクティスと言えるだろう。

だって。すごいね。コンテンツを得て、しかも技術提供料をもらえるという、なんとまぁ。

それはさておき、

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。