Twitterの災害時の威力体感す。

 

仕事関連で、たまたまTwitterを開いていた。そしたら、関東方面からタイムラインに次々と地震のつぶやきが。そして、大阪にいた私のもとにもその揺れがやってきた。ゆっくり長く揺れるビル、船酔いのような気分の悪さ。ビルの外には、周囲の事務所の人たちもたくさん出てきていた。そして次々と流れてくる新たな情報や、緊急時のRTがたくさん。一部でガセネタが流れるなど、“闇”の部分もあったわけですが。

 

何より、電話もメールもだめだが、TwitterやFacebookは活きていたという事実。家族全員にアカウントを持たせよう、という人もいた。

 

しかし、今日は仕事にならない。地震のたびに、私自身の阪神大震災で神戸にいたときのことを思い出す。震度7が30秒以上続いたあの時は、本当にこの世の終わりかと思いましたから。

 

情報が少ない今、この瞬間は特に東北地方をはじめとした、揺れの大きかった地域の皆さんの無事を祈るばかりです。

 

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。