アイデアは考えるものではなく見つけるもの。

oldsocialnetwork

フィードに流れてきて、あぁなるほどと思った画像です。昔から人がコミュニケーションをとったり、何かしら仕事をしたりする時に必要な“機能”に、新しい技術が加わることでツールが生まれているということ。当然といえば当然の話なのですけれど。

この例でいうと、インターネット技術やスマートフォン等の普及をきっかけに、これまでの身の回りのいろんなことが新たなサービスとして生まれているんだろうし、きっと普段からみんなが生活の中での置き換え(決して以前の手段がなくなるわけではないけれど)だから、爆発的にヒットするんだろうな。

考えればアイデアの発想法として最もシンプルと思う「組み合わせ」「掛け合わせ」って大事だな。

例えば「○○×インターネット」「●●×モバイル」「◎◎×ゲーム」

後者には、自分の得意分野とか好きな分野を入れて、徹底的にブレストすると面白い。どんなくだらないネタでもよくて。

初歩的かもしれないけれど、アイデアは考えるものではなく、見つけるものなのかもね。そいうえばカヤックの柳澤さんの本で「アイデアは考えるな。」って良書がありました。アイデアを見つけるための発想法とか、フレームワークとかがたくさん詰まっていた本です。

そうか、もしかすると新し過ぎて、何かの代替にならないものは、ものすごいインパクトが無い限りヒットって難しいのかもしれないな。時代の2、3歩くらい先を行き過ぎるんだろうな。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。