インドネシアでクローズドSNSが流行る傾向は近い将来日本にも。

Path

インドネシアでは、Path(150人が友達数上限のクローズドSNS)が流行っているらしい。本国のアメリカよりも。日本では知らない人も多いのだろうけれど、知人が数名利用している。私はだいぶ前にインストールしたが、まだ使っていない。(家族や親しい人が使う決断をしてくれたら使うのかも)

で、なぜ流行っているか。Facebookでもグループを限定したり、共有をカスタマイズすれば近いことはできるにも関わらず、だ。Startup Datingであがっていたレポートによると、インドネシアではFacebookの商業的乱用が凄まじいらしい。広告、タグ付け、ゲームなど、そのやり方が結構荒れているらしい。そうなると、確かにもはや快適な空間ではなくなりますよね。アクティブ率も停滞しているとか。

当然の話やけども。

Pathのシンプルで良いところは、つながっている人とシェアするかしないか、それだけだというところ。「家族&家族ぐるみの付き合いがあるような身近な人たちだけとつながる」というようにすれば、最もクローズドなSNSの出来上がり。

おそらく「身近な」というのは適切な言葉ではないだろう。Path上で直接つながっている人たちというのは、自分がこの人たちなら何かをシェアしても構わないと感じている人たちだ。

引用元: クローズドSNS「Path」はなぜインドネシアで大きな人気があるのか?.

何かシェアしても構わない人たちという定義。(そんなのたくさんいる!という人は相当オープンマインドなのだろうけれど、多くの人は案外プライバシーを気にする。)

でもTwitterやFacebookに必要な時だけPathから同時共有できるし、LINEのようなプライベートメッセージ&スタンプ機能も加わったそうなので、割といいとこどりで使えるのかもしれませんね。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。