Facebookの使い方〜グループ機能について

Facebookの機能で、私が重宝しているものの一つとしてグループ機能があります。これはもちろん、誰でもつくることができます。これはmixiでいうコミュニティページに近いです。
そして重宝している使い方というのは、グループの公開設定を「秘密」(検索にひっかからず、入会申請もできない完全非公開モード)にして、業務上のプロジェクトや、社内情報共有に使うという方法です。
複数社のメンバーや、フリーランスのメンバーが集まって進めるプロジェクトや、中小企業で場所が離れていたりしてもコメントを残しやすく、ログも残ります。また、途中経過も分かり、その場にいないメンバーも状況がよくわかります。そして何より、離れていても、ここでチャット感覚でやり取りができるところです。(ここはmixiなどと大きく違うところで、新たなコメントが書き込まれたり、やり取りが発生すると左上のお知らせマークが赤くなるので、リアクションをとりやすい。)
そして最近実装されたのが、グループチャット機能。複数メンバーでのチャットも実現しました。
とにかく、使ってみて感じるのは、これまでの情報共有グループウェアや、SNSよりも“リアルタイム感”が本当に強いということでしょうか。
また、メールや電話よりも構えずに、アイデアや意見を書くことができることもまた面白い違いです。いろいろと心理的なハードルも下がります。
間違いなく意思決定のスピード、プロジェクトの運営スムーズ化が図れています。実際に。
※ただし、大企業などでは向かないやり方かもしれません。コンプライアンス的な問題や、操作ミスで大事な情報が漏れてしまう、なんてことになったら大変ですしね。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。