ソーシャルシフトな時代と企業内教育。

LinkedInはBtoBビジネスに変化をもたらすか。

リンクトインが変えるBtoBビジネス・マーケティングの姿:谷口正樹のビジネスSNS最前線:ITmedia オルタナティブ・ブログ.

今のところ、日本ではLinkedIn(リンクトイン)の代わりを、Facebookが果たしているよう。ただ、今年中と言われているLinkedInの日本語化によって、“ビジネスパーソン”同士の情報交流はよりスムーズになるかも。もはや、ビジネスに特化しているわけなので、情報の発信内容もセグメントしやすい。

ターゲティング広告もやりやすいだろうな。企業ページも、楽しみです。一部でFacebookでも、うまくいっているBtoBビジネスを行っている企業さんがいらっしゃいますが、まだまだ模索しているところが大半。BtoCでもですが。

ただ、あれこれそういった機能的な話よりも、記事トップのリンク先記事を書かれている通り、

これはリンクトインだけの話ではありませんが、ソーシャルメディアが拡大していくにつれて組織から個人へのパワーシフトが起こっており、影響力を持つ個人が増加してきています。今はそれらの現象がブログ・フェイスブック・ツイッターを舞台としていますが、リンクトインが日本語化されることでこの流れはかなり加速するだろうと考えています。そうした中で、「あの有名な●●さんや●●さんが所属している企業なので、サービスの質は高いに違いない」といった観点がビジネスの在り方に影響を及ぼしてくるだろうと考えています。
言い換えるならば、「従業員のセルフブランディングの総体が企業のブランディングに直結する」という時代なのではないかというのが私の考えです。

という点は、非常に(×100くらい)共感すると同時に、自分ももっともっと気合いを入れて頑張らなければと思うのです。

もはや巷で聞かれるような“ぶら下がり社員”とか“草食系”とかそういった人にとって厳しい世の中に、よりいっそうなるんじゃないか、と予想したり。

なんとなく働いているんじゃ、何も面白くないし、何よりその企業への貢献が、単純な労働力だけになってしまいかねない。

そういう人、多いと思います。

ソーシャルメディアやブログを用いたセルフブランディングを積極的に行える人ばかりではありませんが、少なくとも対顧客や対パートナーに対してネットとかリアルとか関係なく、重要な考え方になってくるのだと思います。

つまり、今後さらに社員教育も重要になるということ。知識やスキルというものだけではなく、考え方やモチベーション、人間としてのあり方なども、教育の重要な要素になるんじゃないでしょうか。

「そんなことまで教えてられるか!それは家庭や学校でやってくるべきだ!」という考え方をしている経営者の方や、人事教育担当の方は、もう古いかもしれません。(すみません)

それくらい教育をしてでも、攻めていかないといけない気がします。社内大学(CU)というように経営者がコミットしたもの(単なる研修機関じゃない)がより注目され、見直されるんじゃないでしょうか。大それたことができなくても、eラーニングを利用してスモールスタートをすることもできます。後は、自学自習を促すためのモチベーションアップと継続の仕掛けを考え、社内制度に組み込んでいくなど、検討していくことではないでしょうか。

うちの代表ブログでも以前このようなことを。〜社員の「善きこと」が最大の差別化になる時代〜

eラーニングのシステムも、ばか高いコストをかけて構築する時代も終わっています。それよりもライトですぐに導入できるほうがよくないでしょうか。当社でも、MoodleというオープンソースのLMSソフトウェアを活用し、企業内で活用しやすいように改良し、ASPでご提供しています。機能的には十分過ぎます。

今日、とある打ち合わせに参加して思ったのですが、リスクヘッジばかりして、工数ばかり余分にかけているのでは、何も前に進まない気がします。

そんなこんなで、少し熱くなってしまったのでした。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。