Facebookとmixiの違いは仕事と家?

(少なくとも日本において多くの人に言えることかも)
Facebookは仕事、ビジネスなどの外の顔。
mixiは自宅、プライベートの顔。
今日、職場で代表と話しをしていたのだが、やはり考えれば考えるほど、そのような切り分けがしっくりくるのだ。
Facebookは、実名主義で写真つき。
いい意味でもオフィシャルな自分を出す。
なんというか、普段の生活だって、ビジネスだって、匿名で過ごすことはないはず。
それがネットに移行して、より時間や場所の感覚や、心理的なハードルを下げてコミュニケーションをとることができる面白い“インフラ”だと思う。下手なことは普通は書けない。
mixiは半匿名で、写真は自由。
(最近になって、友人向けとそれ以外で写真を分けれるようになったが)
実はほとんどの人の場合は、リアルな人間関係によるソーシャルグラフに基づいているという点では、Facebookにも近いイメージがある。(たまに無差別にマイミクOKな人もいるけど、それもFacebookでも同様の方をたまに見かけるし。)
けれど、mixiでは難しい話や、ビジネスライクな話はあまり似つかわしくない。サイドバーにあがるmixiニュースは、下世話な話が多かったりするし。全体的にユルーイ雰囲気を感じる。
使い方は人それぞれだけど、日本ではどちらかがどちらかを食う、というより「共存」するという、他の国とは違った構図になるように私は考えます。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。