求人広告や人材紹介が危ういという話。

実名主義のソーシャルメディアの台頭が始まることで、求人広告や人材紹介が危ういという話。
先日、某上場企業のマーケティング本部長とお会いした時に話題にあがったこと。
今や中途採用者や、海外留学経験のある学生の採用、などはFacebookなどでコンタクトをとったりするほうが、良い採用ができるという。
人の採用に関するFacebookやLinkedinの話は、様々な書籍や、ネットニュースでも話題になったり、ソーシャルメディアを活用したエージェントサービスなんかも出てきているのも事実。(個人的にそこにエージェントが介する意味はないような気がしていますが。)
採用する側も、逆に見られるかもしれませんけどね。そして、採用担当者や、事業部長クラスは、そういったスカウトスキルなんかも重要な評価指標になってくるのかも。日本でもそういう時代に突入するのか??
確かに、その人の人となりや、経歴なども結構分かるというのは大きい。バックグラウンドが分かりやすい。
先進的にマーケティングや、企画などをお願いしたいような人材は、こういった新しいメディアへの参加も積極的であるということ。また、海外展開を考えている企業などでは、留学経験者などを探すのに手っ取り早いというのもある。
採用マーケットに限らず、いろんな仲介業の立場が難しくなるんだろうな。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。