ソーシャルラーニングアプリ「Goocus(グーカス)」のβ版トライアル体験記

goocus,keep yourself wise

ローンチ直前のソーシャルラーニングアプリ“Goocus(グーカス)”のベータ版をトライアル体験した感想を記録してみる。

まずはアプリをダウンロードしてログイン!
(Facebookアカウントも利用できる模様なので手軽です。)

シンプルなインターフェイスで使いやすそう

機能的にシンプルで、ログイン後のトップ画面は「キーワード」でWikipedia内を検索するか、「現在地」から検索をするという入力枠が表示されます。私はベータ版なので、フォローしている友人がいませんが、フォローしている友人がいれば友達の検索したキーワードがアイコンと共に下部に表示されるみたい。(興味ある分野、仕事で知りたい分野などの関係者などフォローしていると人の検索結果から新たな発見やヒントがあるかも!)

Goocusのログイン後トップ画面

左上のメニューをタッチすれば、細かい設定(Facebookとの連携や、検索結果の公開など)や友人を探すメニューも表示されます。とりあえず言えることは、「使い方が簡単!」と思いました。大事ですよね。

goocushome

 今いる場所のGPS情報から周辺情報をゲット!

GoocusGPS

GPS情報から近隣の様々な情報を検索してくれます。Wikipediaで、その建物や史跡や場所などの緯度経度が記されている情報であれば何でも検索結果に出て来ます。

ただ散歩するだけ、観光するだけ、いつも通っているだけの場所も、この位置情報を活用してWikipedia内をGoocusで散策してみると、「深いい!」おもしろい情報が手に入るかも。急にその場所についてありがたくなったり。なんならこれを使って私の場合なんて神戸市内をうろうろしながら調べてまわっているうちに、立派な観光ガイドになれてしまうかも...w それは言い過ぎかもしれませんけど、面白いはず。

なんとなくでいい。気になった単語を検索してみる。

もちろん、テレビを見ながら「キーワード検索」を普通にするだけでも面白いですし、商談中に知らないキーワードが出て来て焦ったりしても、さっとスマホ出して調べてもいいし、むしろお客さんと「なにそれ!」と一緒に盛り上がってもいいかもしれませんねー。

で、私はなぜか「ドラゴンクエスト」を検索してみた。

GoocusSearch

なんでって?私、小学生の頃にドラゴンクエスト4を初めて手にして、それ以来その世界観が好きになって、そうしたら歴史とか好きになって、高校時代とか世界史は相当成績が良かったんやで。好きこそものの上手なれ、何が学ぶことのモチベーションに変わるかわからんのですよ。

 “ふせん”をつけて記録、共有。

また適当にガンダムを検索してみた。そして何気なく、いっつもガンダム作品に出てくる「矢立肇」さんという人ってなんなん?と、タッチしてみた。

GoocusGUNDAM

Goocus矢立さん

ええ!!実在の人物じゃなかったんや!という軽い衝撃が走った。全くしらなんだ。しかも松尾芭蕉の奥の細道からきているとは...。これは別に知らなくてもいいけど、なんだか「ひとつ賢くなった」気分。これ続けていると雑学王には間違いなくなれそうな予感。

Goocusふせん

というわけで、「ふせん」をタッチしてメモ。共有。

Goocusふせん

こんな感じで共有、記録されてゆきます。これによってGoocusのタイムラインを見て、友人が訪れたりもするはず。読書して「ここ大事だなってとこを付箋して、回し読みをする感覚」と感じました。

自分が学んだ事柄を記録!

めちゃイケをなんとなく見ながら、「江頭2:50」を検索してみた。

江頭2:50

いや、これがなんとも、えがちゃんってそんな過去があったんだ!とか、意外にすごい人だったとか、こんなことあったな〜というような情報とかが沢山でてきたわけである。なんかえがちゃんを見る目が変わった。

えがちゃん共有

ムダに共有してみた。確かに私は「江頭2:50」について学んだのだ。

えがちゃんを共有したら

この記事を見に来た人が他にいた!!!(なんか親近感)
近い事を調べている人だから、もしかしたら興味も近いかも!?なのでGoocusでフォローしてみようかwとか思ってみた。

手軽に知的探求の旅に出るには最適なスマホアプリ

というわけで、ベータ版でざっくり体験をしてみましたけど、「シンプルで面白い!」という感想です。自分1人で知的探求をしていくだけでも面白いのですけど(それをスマホでさくさくできちゃうだけでもすごい。Wikipediaとずっとパソコンでにらめっこする時間がない人だっている。)それを友人知人と共有することで新たな発見や学びがあったりもする面白さも兼ね備える。

あと、単純に自分が仕事や研究で調べている事を“記録”していくアプリだということでもある。Wikipedeiaで調べたことって、その時限りで、流れていってしまって、調べた事を忘れる事だってよくある。いろいろな事柄について概要をざくっとつかむにはやはりWikiって優れているし、これは使えるなぁ。

今週中?か、とにかく近日中にiPhoneとAndroid両方で同時にローンチされる見込みとのこと!楽しみー!

ライトで手軽なソーシャルラーニングアプリですね☆

追記:審査が通り、アプリがAppstoreでダウンロード可能になったようです。(2012.3.25現在)詳しくは>ソーシャルラーニングアプリ「Goocus」がローンチだって!

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。