機動戦士ガンダムUCの次回作が待ち遠しいその理由。

ガンダムUC

↑ココロ(Heart)のこと。このシーンは名シーンです。

最近、超がつくほど久しぶりに「プラモデル」でも無の境地になって組み立ててみたいなぁと思っています。瞑想しているような気分になりそう。(言い過ぎ!)

私は何を隠そう、ちょっとしたガンオタです。

↓ガンダムUCのepisode1-4をまとめた編集センスがすばらしいMADを見つけました。(そのうち消されちゃうのかなぁ。ちゃんとクレジットとか、ガンダムUCのepisode5のプロモーションまでしてるから、根っからのファンだとみる。これを見たら、ガンオタの皆さんは絶対、本編を見たくなると思うなぁ。)

この編集動画もさることながら、そもそもガンダムUCはファンをくすぐる要素がたくさんあると思う。(ガンダムAGEは見る気が起きませんが...いや、そもそも忙しいけど。)

個人的には...、

  • 「逆襲のシャア」から「F91」の間の映像化はもうないものだと思っていたのですが、その歴史が埋められるという点。
  • ファーストガンダムから続く宇宙世紀の話であること(フロンタルとシャア、ブライト、カイシデン、アムロは写真だけ?)
  • ファーストガンダム、ゼータ、ダブルゼータあたりのMSも多数登場、話がちゃんとつながっている!

などなど。あげればきりがないのですが!

episode1、見所は冒頭のジェガン(スタークジェガン)vsクシャトリアがすごい。
そしてテーマソングは栗山千明っていう!

 

episode2は、フルフロンタルの「見せてもらおうか、新しいガンダムの性能とやらを!」という台詞。ユニコーンがデストロイモードに覚醒!

 

episode3は、間違いなく「泣ける」と思う。いや、私は泣いた。善悪の二極ではない、そこにいる人々は普通の人間であるという、ガンダムがずっと持ち続ける大人なストーリーがまさしく展開される回。テーマソングはSEED以来のケミストリー!

 

episode4は、新旧MSが総出演な感じで、悲しい人間ドラマも。ついにブライトさんめっちゃ出て来たっていう!

 

まだ見てないけど、早く見たいepisode5。
黒いユニコーン「バンシィ」の登場で新展開!

いつも忘れた頃に、次のepisodeがつくられるんですよねー。episode7まで制作が決まっているとか。ああ、続きが見たい!(原作の福井敏晴さんの小説を読む元気はないけど...)

それはともかく、ガンダムUCは全体的な人間ドラマといい、物語を盛り上げるサウンドトラックやテーマソングといい、作画の細かさといい、すごく力が入っていていいなと思います。それが続きを見たくなる理由です。

中途半端にテレビ放映にして質を落とさずに劇場やPS配信やDVDにBlurRay、オンライン配信にして正解だと思います。(何様!w)

 

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。