スタートアップってガンダムに登場する実験部隊みたい。

20120911-231853.jpg

マーケティング的に実験的なことを繰り返しながらビジネスモデルを構築していく。

時に厳しい戦況をかいくぐりながら、戦術を朝令暮改でスピード感をもって、新たな機体や武器を受領しながら。(新たなサービス開発や協力者を得ながら) 続きを読む

スタートアップにも行動科学の要素が大切だという話

スタートアップは行動科学を学べ―習慣は第2のバイラルだ. これからのスタートアップは、ユーザとなる人々の「習慣化」が鍵であるという面白い記事を見つけました。 つまり、そのサービスにユーザが慣れることで、生活の中で必要な物 続きを読む

ちっちゃなビジネスってなんでしょう。

先日、ある友人の会社へ訪問して、話をしたとき、比較的温厚な彼が久しぶりに激昂した出来事があったと教えてくれた。それは何かというと...。 彼の前職の同期(現在もその会社にいる)に言われた一言がきっかけだったらしい。同期の 続きを読む

スタートアップに関わる人にとってのヒントラッシュ #wb2012

腹を括ること、熱い想い、役割の明確化というメッセージ。私自身、起業家でもなければ、現時点では経営者ではないかもしれませんが、超少数の会社で事業を進めている人間は、みんなベンチャー志向で、何が起こってもどうにかする、というくらいじゃないとやっていけないし、ある意味で最悪の事態を想定しながらも、神経が切れてて(いい意味で)、楽天的じゃないと無理だなと思います。あと、どん底を経験したことがあるか。 続きを読む

「朝令暮改なう」が連発するベンチャー環境の真実。

朝令暮改とは?

ベンチャー企業というのは、ほんとの意味で朝令暮改の連続を目の当たりにすることになる。「いや、ちょっと待てよ」とか「もっとこうした方がいいんじゃないか」とか「試してみたらうまくいかないし」とかで、さらっと方針変更が起こる。 続きを読む

Perfumeと松下幸之助に学ぶ夜に

トライアングル(通常盤)

諦めずに続ける事、周囲に感謝すること、時代や環境の変化に対応すること、好機を逃さないこと...アーティストも企業も、いやもしかしたら1人のビジネスパーソンとしても、共通している話かもしれませんね! 続きを読む

リーン・スタートアップは徹底的にムダを省いた実験から

旧来のマネジメントやマーケティングでは予想もつかないし、新たなイノベーションを起こせないということ。数値や結果だけでは見えないものが多いということ。とにかく小さく“実験”をして(明らかに顧客ニーズを満たすレベルに達していなくても小さな製品、サービスとしてリリースする)その中で顧客の反応を見て、次のステップに進むのか撤退するのかを迅速に判断する。 続きを読む

Instagramのバイアウトについて思う事

Instagaramのある画面

大きな価値を生み出すために人数は関係ないという点や、“ピボット”つまり方向転換を迅速に行う事で失敗を最小限に抑えつつ次の展開に注力するという点など、スタートアップに重要なヒントがInstagramの事例には詰まっているかもしれません。 続きを読む

強いサービスはinputとoutputのループがキモ!

鶏が先か卵が先か

本当に強いサービスというのはアウトプットのところがインプットにループしていて、ユーザが増え、アクティビティが高くなればなるほど、それがどんどんサービス自体の価値に変わる、還元される、成長していくって理想的。とりあえずやってみるしかない。 続きを読む

「WEB、モバイルサービスの新潮流」に参加して。

ウェブ会2011年12月8日

先日のウェブ会@大阪では、「ウェブとモバイルの新潮流」ということで、元mixi、元baiduで、現在はSupernovaの代表をされている殿岡さんに講演いただきました。 私、実は途中で会場を離れ、講演後の交流会用の飲食物 続きを読む

シンプルUI×マルチデバイス+ゲーミフィケーション。

【対談:小林弘人×斉藤徹】 社会貢献ゲーミフィケーションの時代――ソーシャルメディアでエコをもっと楽しく | AdverTimes(アドタイ).   シンプルUI×マルチデバイス+ゲーミフィケーション ゲーミフ 続きを読む

女子大生が挑む「かわいい検索」。

Googleに負けないものを作りたい――女子大生が挑む日本独自の「かわいい検索」 – ねとらぼ. いいですね、こういうの。 情報過多すぎる現在、「かわいい」とか「Cool!」とか、何かしらのフィルタのようなも 続きを読む

キャリアもサバイバル時代。

最近、過去の読書メモを見返してみることにしている。 そうすると、時間が経って、自分の中で醸成されているのか、環境が変わっているからか、はたまた自分が成長したのか(?)、納得度が高まっていたり、理解が深まったなと思える内容 続きを読む

自分が自分自身に共感する必要。

@IHayatoさんが今日、Twitterでつぶやいていたけれども、 人からサービスについてフィードバックを貰う時「面白い!」と言われて安心してはいけない。「実際に使ってくれるか」が重要。ターゲット顧客からのフィードバッ 続きを読む