【今日そら】20140116_頑張らないことを頑張る。

20140116-231450.jpg

頑張らないことを頑張る。これは私の今年のテーマの一つです。そのぶん、いろんな人に頼っちゃうかもです。 最近たまたま読んだ本でもそうだし、社長や社長旦那さんにも同じことを求められてるし、まぁそういうことです。 マネジメント 続きを読む

マネージャーは勇者になりきりパーティ育成をしてみれば。

command

「経験値」を稼ぐためには、戦いに参加しなければならない。ショコタンばりに、RPG妄想をしてみると、分かりやすかったりする。例えば、マネジメントについて。 続きを読む

システム開発のディレクションの反省備忘録。

システム開発ディレクション

システム開発をディレクションをした際の反省点等を備忘録として残しておきたいと思う。何を素人がしょぼいこと言ってるねん、というような内容かもしれないけれど、初めての経験でいろいろと大事なことが分かった気がします。システム開発のディレクションの反省備忘録。 続きを読む

最強チームをつくるのは精神論でもなければ、ただの勉強でもないと思う。

チームのマネジメントね

マネジメントを学ぶには何よりも勉強が必要だ、とインタビューでおっしゃっていらっしゃいますが!勉強はもちろん大事だし、努力することは大事だけど。実践的な実地による成功体験と失敗体験から学ぶことの方が数倍大きいと思いますけれど。とはいえ、以前に何らかの「勉強」をしていれば、呑みこみも早いとは思う。 続きを読む

大切なことはすべて草野球から学んだ。

野球がしたいよー

私が無意識に、12年ほど前に行っていたコミュニティマネジメント。Webやゲーム要素を用いたファシリテーション。改めてそのころを振り返りながら、その要素を備忘録としてまとめたいと思う。そこで今回まとめるのは、「草野球チーム」の運営に学んだいろいろなことである。 続きを読む

小西圭介さんの「ソーシャル時代のブランドコミュニティ戦略」

徳力さんや、知人がFacebookに上げていた小西圭介さんの本が、参考になりそうだったのでメモ。今度、本屋で購入してみる。コミュニティ・プラットフォーム戦略のポイント、コミュニケーションプランニングの枠組み変化、コネクションプランニングの6つのステップに注目。 続きを読む

社員ひとりひとりが主体的に考えて動く組織づくりについて@APO研

いきいきとした社員とチームづくり

長野県から天竜精機の芦部社長がお越し下さり、社員がイキイキする風土づくりや、仕組みづくりに関するお話をうかがいました。発表会があったり、進捗が見える化されてたり、やると決めたことをやったかどうかを徹底して確認したり、毎日社内の出来事やトピックが共有される新聞があったり、そういった“オープン化”のための“場づくり”ができていると思いました。これはすごい重要だと。 続きを読む

うまくいっていないなら考え方を裏返して行動してみればいんちゃうか。

バツのポーズをする女性

強みと弱み、成功と失敗、すべては表裏一体なものだから、ちょっと考え方を裏表逆にしてみて、あとは行動すれば変化が起こるはず!現状をより良くしたり、もっと成果を上げるための5分、10分もとれないような心理的状態になるのは、すごく寂しいことだと思う。行動しなければかわらへん。 続きを読む

成果の出るクロスファンクショナルチームの構築と運用について。

マーケティングとクロスファンクショナルチームについて

マーケティングツールの4Pといえば、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、プロモーション(Promotion)です。これらをうまく組み合わせてマーケティング戦略を検討し、販売強化をしていくという“マーケティング・ミックス”は言わずもがな、重要な施策です。今回、その中でProductの部分について、成果に結びつけるにはどうすればよいか想いを巡らせてみます。 続きを読む

チームがチームとして機能するための考え方と仕組みについて。

チームがチームとして機能するための考え方と仕組みについて。

チームのあり方、組み方、モチベーション向上についての仕組みについて日々考えているのですが、ちょっと自分的にメモ。いずれにしても、チームで目標を持ち、互いに認め合い、切磋琢磨してがんばる。この基本が大切だと改めて思う〜。そしてうちの会社の提供するサービスはシンプルにこれを解決できると思う。 続きを読む

リーダーシップとマネジメントの違いについての備忘録

カフェでまったりする猫

どちらかだけではなく、どちらも重要で、必要な場面が異なってくる。同じ組織内に、リーダーシップに優れた人と、マネジメントに優れた人がいれば、それにこしたことはなく、うまく組織運営を行いながら、組織エネルギーを最大化できるかもしれない。けれど、実際の現場では、例えば店舗や小さな拠点などでは、その役割を誰が果たすのかといえば、やはり店長や拠点長の役割なのだと思う。 続きを読む