iPad手にお客にセールス 車ディーラーへの導入急ピッチ (1/2) : J-CASTニュース

リンク: iPad手にお客にセールス 車ディーラーへの導入急ピッチ (1/2) : J-CASTニュース.

iPad端末の業務用端末、さらに言うなれば接客用端末としての利用価値はとても高い。起動の早さ、充電のもち、滑らかな表現、どれをとっても私がこれまで見てきたタブレット端末の中では一番。

いよいよトヨタのディーラーも導入を視野に入れてきたとなると、接客ツールの一つとなるのが「当たり前」となる日も近いかもしれない。

あくまで接客の手段の一つに過ぎない。営業や販売の能力を補う、補完的役割を期待したり、目新しさだけで客寄せをするのでは、長期的にはメリットはない。ただ、あくまで手段であり、接客のメインは「人」であるということを忘れさえしなければ、必ずや強力なサポートツールとなることは間違いない。

実際に私がディレクションしたiPadツールでは、もちろん顧客の意向や目的もしっかりしており、刷り合わせ段階から「人対人」の視点を重視していた。しかも業界初の導入だった。そういった背景もあり、その業界の他社が導入をしてきても、他社がiPadというツールに“使われている”接客に終始しているのに対し、利用目的を明確にして接客の手段として用いているため、有益な顧客とのコミュニケーションツールとなっている。

“ツールに踊らされない”ということが重要か。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。