Untitled!!!!!!!!に参加してきました。

昨日、「untitled!!!!!!!!〜名前なんかいらない、関西のクリエイティブ力でできることをやろう!」に参加してきました。関西を中心にした、Web関連のデザイナーさん、クリエイターさん、IT技術者さんたちがたくさん集まっていました。15分刻みで、総勢12人の方々が登壇され、様々なテーマのお話を聞けました。

個人的なメモとして、気になったことを書き留めておきたいと思います。

 

☆アイディアソン、ハッカソンという考え方
今回の震災に対して、技術者として何かできないか?という思いで、アイデアマラソン、ハッカーマラソンが開催されたということ。復興支援や緊急時に役立つアプリケーションやWEBサービスを、集まった人たちでそれぞれ1日で考え、作るというもの。

 

☆モバイルファーストという考え方
スマートフォンのほうが、PCの出荷台数を超えつつある今。Webサイトはこれまで、PCサイトありきだったが、モバイル向けが先にありき、ということが主流になりつつある?スクリーンサイズや、扱えるデータ容量の制約は、逆に良いものをつくるために集中することができる。無駄なデザインを施さず、可能な限りシンプルに。

・スクリーンサイズと解像度の多様性
・パフォーマンス
・タッチインターフェイス
・位置情報活用
・デバイス能力

を考えたつくりに。

 

☆Titanium mobile
Objective-Cなどのネイティブ言語を扱わなくても、Javascriptで簡単なiPhoneアプリをつくれてしまう開発環境。必要なのは学習コストと、UIとロジック、楽しめるかどうか?!後はアプリ申請コストくらいか。

 

☆写真
誰もが撮影川、選ぶ側、見る側になる時代。Web+ソーシャル+デジカメ。
写真に意味を与えることでいかようにでもイメージをつくれる。写真選択+トリミング+文字+BGM。

写真を見て何かを感じれるのは人間の特殊能力。美味しそう、エロで欲情、哀しみ、感動。今回の震災の写真だって、報道写真だって何かの意図があるもの。

 

☆HTML5でできること
HtML5とJQueryを活用して、Javascript&CSSを使わずにHTML構造の上でモバイルUIを実現。また、CSS Media Query+JQueryで1つのHTMLソースでスクリーンサイズ解像度が変わると自動的に切り替わる、そんなことも実現可能。
HTML5はメディア要素が本当に便利である。

その他もろもろありましたが、ひとまずメモでした。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。