マラソン大会のGPS連動サービスとか。

マラソン×ICチップ×ゼッケン番号?

個人的なことですが、11月に神戸マラソンに出場します。ただいま、ダイエットを兼ねたランを毎週少しずつやっているのですが、走っていたふと考えたアイデアがあります。(既に存在するサービスだったらごめんなさい!)

今年になって出場した、駅伝大会でもありましたが、インターネット上のWEBサイトからゼッケンの番号とIDか何かを入力すると個人やチームの「タイムの確認」や「写真の閲覧&ダウンロード」ができるというサービスがありますよね。

これはタイムに関してはICチップがゼッケンに入っていて、スタートラインとゴールラインの通過を記録してくれるもの。写真はゼッケンの番号ごとに管理されているのかな。

じゃあ、そのICチップにGPS機能をつけるというのはどうだろう、と考えました。

Nike plus GPS

Nike plus GPS

 

GPSでリアルタイムなマラソン位置情報

例えばですが、マラソン出場ランナーのゼッケンに仕込んだICチップにGPS機能を設け、出場選手の家族や友人知人が特定のWEBサイトにアクセスして選手の番号を入力すると、その選手の現在地や走行距離、速度、順位などを見ることができるというようなサービスやアプリケーションとか、けっこう面白いと思う。(面白くないかな?)

自宅のパソコンからも応援できるし、もちろんiPhoneやAndroidなどのスマートフォンからもチェックできる。だから当日のたくさん人がいる中でも、応援しやすいかもしれませんね。あと、「声援」ボタンを押すと、イヤホンから拍手喝采が起きるとか(Nike+みたいに)。

 

cardiotrainer

cardiotrainer

 

私は単純なので、当日来れない遠く離れた家族や、友人にそのURLとか紹介しちゃうかもしれないなぁ。もちろん、そこにはFacebookのプラグインや、Mixiチェックや、Tweetボタンがあって、きっとその大会の注目度(認知度)もさらに上がって、単純な話ですけどスポンサーや協賛も集めやすいような気がします。(=利用する大会運営の自治体や企業もちゃんとあるのでは?)

Nike plusや、私も利用しているcardiotrainerなんかの機能を使ってみると、あと一息でできそうな気がするんやけどなぁ。といっても、私は開発者じゃないのでアイデアだけですけど。

 

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。