テクノロジーの進化と古き良き仕組みを考える

Water wheels / 水車(すいしゃ) © by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

タイトルほど考えはまとまってませんけど、思った事を書き留める。

先日、テレビで田舎でお線香をつくっているおじいちゃんおばあちゃんのところに、山形弁の某アイドルさんが訪問しているコーナーを見た。(いつもはゆいちゃんごめんねー!なんて言いながら、関西ローカルの番組に変えてしまうんやけど、たまに見たくなるん。)

そこでは、乾燥させた杉の葉を、水車の力で動かす仕掛けで粉々にしていく様子が映っていたのですが、それを見てつくづく思ったのです。

「昔の人ってやっぱすげー!!!」と。

たくさんの歯車がかみ合って、水車の力を増幅させて、複雑な仕掛けが動く。見ていて面白い。しかも、思い切り自然エネルギー。

なんかつくづく思ってしまったよ。何でもかんでも便利になり過ぎると、人間退化しちゃうねって。

便利になることは悪い事じゃないし、テクノロジーの進化は歓迎すべきことだし、できることが増えるからね!可能性も広がる。それはそれでいんやけど。

ただ、知恵をもっと絞らなきゃなって思った。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。