やりたいことより、実現したいことのために全体をディレクションする。

アシスタントが欲しい。

アシスタントが欲しい。

最近、かつての同僚や久々に会う友人、仕事で初めてお会いする方から、「会社ではどんなことをやっているの?」と聞かれることが多い。どんな事業やサービスをやっているの、ではなくて、どんな役割を担っているのというニュアンスのこと。

無理矢理に職種で分類すると、企画、マーケティング、営業、SE、制作、納品、アフターサービス、広報、Web担当、ソーシャルメディア運用、編集長、ディレクター、採用担当、、、えとせとら。

資金繰り、事務、プログラマ以外のだいたい。

でも、自分でぜんぶやっていては、会社の成長スピードを加速させることができない。個人でも会社でもそうですけれど、全部自分でやってしまう(自前でやってしまう)というのは、すごそうで、いわゆる“器用貧乏”になってしまうのかも。

ということに、経験を通じてようやく分かってきます。早い人はもっと若い時に気付くはず。でも、どれか一つに特化して、エキスパートとして!スペシャリストとして!やっていくのも一つ。どちらが良いというわけではないけれど、私のように全部を広く自分でやっていると、それぞれの分野で知識や経験を深めることもなかなか難しい。

そろそろ採用したり、外部パートナーをもっと活用するタイミングかもしれない。直近の数ヶ月、それを強く思っている。やりたいこと、というより実現したいことがたくさんあるのに、自分の手では時間もスキルも足りないことが多い。

納品、アフターサービス、制作、ソーシャルメディア運用あたりは早期に担当者を採用したいな。最初はアシスタントからで良いので。編集に関しても外部パートナーにお願いしたい部分は多い。Web担当についても、細かい分析や戦略を立てる材料を揃える的な部分というのは、外部にお願いして、自分はそれを使っていかに数字につなげるか、実績につなげるかというところに専念した方がいいやろう。

そういった意味では、チームづくりだな。楽しい。

というわけで、少々自分の内省も兼ねて、書き出した。頭でもんもんと考えているより、ちゃんと書いた方がスッキリします。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。