【まだなにも決まってはいない。】の、ナイキのコピーがステキですよね。

まだ何も決まっていない。

 

オリンピックの2020年、東京に決まった時に出されたNikeのページのコピー。

「まだなにも決まっていない。」っていう挑戦的なメッセージ、好きです。

レールになんて乗るな。ここからはなんだってありだ。着せられた制服も、貼られたレッテルもだれかの勝手な期待も、邪魔だったら捨てればいい。なにかになりたい?だったら、きみがなればいいだけ。遠慮なんかしてる場合じゃない。動け。ぶつかれ。不可能をのりこえるほどきみはもっとうまく、もっと強くなれるはず。挑みつづけるかぎり負けはない。明日。七日後。七年後。どんなきみになるかは今日のきみが決める。引用元:http://nike.jp/decide/より

7年後の自分は決まっていなくて、どうなっていくかは、今その時の自分自身の決断とか判断の連続で決まっていくもの。だから東京オリンピックが決まったけど、あなた自身は何も決まったわけじゃないよ!というメッセージ。

何事も、日々の積み重ね。目標が既にあるのならば、やっぱりそれはそのための行動をするしかなくて、それを習慣にできるくらいのレベルに持って行かなければ成しえない。

イチローだって4000本安打を達成するには、ものすごい修練を、見えないところでもずーっとやっていて、ケガをしない体づくりをしていて、すさまじい努力と、それをやらないと気持ち悪いくらいの習慣にしちゃっているところだろうし。

やっぱりドラッカーさんの言っている「成果をあげるのは才能ではない。習慣である。」という言葉は絶対にそうだと思う。

今回の場合、深読みすれば、オリンピックが決まったことだって、あれこれ問題があることだって、メディアが騒いだり、いろいろな意見を持つ人がいるけれど、結局その将来を決めていくのは、今を生きる自分たちの日々積み重ねる決断と行動でしかないんですよ、ということをメッセージしているような気がしています。めっちゃ深読みぃ~

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。