今日から変わる!目標設定の方法がキモ!すぐに実行してほしい3つの方法。

目標必達!

年始に立てた目標はほとんど達成できない…。今年こそ実現しようと意気込んだダイエットや資格の勉強も途中で挫折。そんな自分にちょっと嫌気がさして自信がなくなってしまう。そんなことって、誰しも経験があるのではないでしょうか。

少なくとも私はたくさんあります(笑)

そんな私も、携わっている仕事柄、目標を達成するコツがわかってきました。もちろん、まだまだ大きな目標には到達していません。それでも目標を達成し続けることで、自信がついてきています。自信がつくと、小さなことでくよくよすることはなくなります。つまり嫌なストレスがほとんどなくなります。

そこで、今日は自分の振返りも兼ねて、目標達成をするための目標設定の仕方を3つ書きたいと思います。

どんなに高い壁も、そこに階段をつければ登れる

「どんなに険しくて高い壁も、そこに少しずつ階段をつければ登れるもの。」

これは、以前にテレビ番組でユニバーサルスタジオジャパンの窮地を救いV字回復を実現した仕掛け人の方がインタビューの中でおっしゃっていたことです。

とても分かりやすくて、多くの人に希望を与える言葉です。

うまく目標を達成できて自信のある人と、そうではない人はどのように違うのでしょうか。

うまくいかない人は、

  • 壮大な目標を立てて、その道筋を定めていない。
  • そもそも目標が曖昧。
  • 目標はあるが、行動レベルまで落とし込めていない。

うまく達成できる人は、

  • 目標に向けて、それまでに達成したい小さな目標をつくっている。
  • 目標が達成したかどうか分かるよう具体的である。
  • 目標に向けて、日々取り組む行動にまで落とし込んでいる。

分かりやすく言うと、まず必要な方法はたったこの3つだけ↓です。もっといろんな方法論があると思いますが、とにかくうまくいかない!という人は、まずはこれだけでもやってみると良いです。

  1. 今の目標を達成できる小さな目標に細分化する!
  2. 細分化した目標を達成できたかどうか可視化する!
  3. 目標の最小単位は、毎日できる小さな行動にまで落とし込む!

ということです。

目標設定の仕方次第で、目標に向けた道を前進できるかどうかが決まるのです。一気に目標を達成することなど奇跡が起きないと無理なので、一歩ずつ登って行くことが誰でもできる方法です。その一歩が無駄に思えても、必ず少しは近づいているので。

せっかく近づいているのだから、できたことはちゃんと褒める。自分で自分を褒める!(もし対象が他人だったら、それも褒める。部下を育てる時にも良いかもしれません。)

可能な限り日々できることが肝心です。毎日達成して褒められると、どんどんいい意味で調子に乗っていきますから。エンジンのギアがどんどん上がって加速していくイメージです。どんどん自分の自信にもなります。

とはいえ…それがなかなかできないのも世の常。もっと突き詰めると、このネタだけで3時間くらいの研修ワークショップが実施できそうです。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。