Linkedin(リンクトイン)はワークスタイルやキャリアを再考する場かも。

つい先日、東京の六本木で行われたリンクトイン社主催のセミナーの様子を、電車内の道すがら、Twitterを通じて「#リンクトイン」のハッシュタグからぼーっと追っていたのですが、なかなか刺激的だったので、個人的なメモとして思うところをまとめてみる。

Linkedin Chocolates © by nan palmero

個人のワークスタイルを考えるきっかけとしてのLinkedin

リンクトイン社主催セミナーでは、参加者の皆さんの実況から、リンクトイン(Linkedin)の特徴って何なの?という話から、セルフブランディングとはどうあるべきか、特に今回は日本国内においての活用はどうなるのか、というような話がパネルディスカッションで行われていた模様です。

その中でも、個人的に印象深い発言は、

  • 世の中が分類している自分ではなく、 自分の判断で世界を見て欲しい。
  • リンクトインが流行ろうが、流行らなかろうが関係ない。自分のために使うかどうかではないでしょうか?そういうサービスと向き合ったとき自分の人生にどう活かせるかを考えるのが大事では?
  • 「ロングテールのつながり」。うっすらとつながっていた人と長くやりとりしていると、あるとき突然すごく強いつながりになる。ソーシャルメディアが維持してくれている人間関係は、これまでだったら儚く維持しづらかった弱い可能性レベルのものでは?切れていないというのが可能になった。
  • リンクトインとFacebook両方やるべきとの問いに対して。リンクトインはビジネスと言い切っているのが重要。米国では家族もFBで繋がっていたりとプライベート比重が高いので、公私をFBとリンクトインで分けていた。日本ではリンクトインの役割をfbが担い始めている状態。でも、fbはビジネスに向かないことに気づくのは時間の問題。リンクトインのビジネスユーザーが増えるには、Facebookユーザーが増えてFBがプライベートコミュニケーションが増え、ビジネスコミュニケーションが息苦しく…
  •  全世界で数億人が使っている世界に、日本最大でも20-30万人の企業が禁止しても流れは止められない。逆に禁止する方が全世界からそういう企業だと見られるリスク。

世界で既に1億を超えるビジネスパーソンが活用をしているLinkedinですが、日本国内ではどうなるか。議論の中に、日本独特のビジネス文化や、特に大きな企業になれば誰かが“セルフブランディング”を対外的にやり始めると変なやっかみを受けたり、未だに転職SNSという印象をもたれていたり、まだまだハードルは高そう。

ただ、ツールとしてのLinkedinは、使ってみないとやっぱり分からん。ということで、いろいろと登録してみる気になるには十分な議論でした。

Linkedinのプロフィールを入力していて気付いた事

実際に登録して簡単なプロフィールを入力したまま、放置していたのですが、この機会に少しだけ詳しく書いてみようと思い、いろいろと試行錯誤。

シンプルな話、キャリアの棚卸しみたいなことを自然とやることになるということ。しかも大学時代にやっていた活動も含めて、自分ってどんなことをやっていたんだろうと。そうすると、大まかに自分がやってきたことの共通点だとか、これからどうなっていきたいんだという道筋がなんとなくですけど、見えた気がします。転職だとかそういったタイミングに自分の履歴書って書くことが多いと思うのですけど、そうじゃない平時の時だから(?)こそ、冷静に自分のことを棚卸しする。この作業は定期的にやっても良いかもしれません。それだけでも収穫。

あとは、まだほとんど英語のニュースしかありませんが、自分の専門分野(専門としていきたい分野も含めて)について、世界中のプロフェッショナルと呼ばれるユーザさんたち責任編集のLinkedin Todayというニュース記事のピックアップが集まって来る事。英語の勉強になる...というのはまぁあるとして、ちょっとした刺激にもなる。

Linkedinはサバイバルキャリアに必要なツールかも

松村太郎さん著「Linkedinスタートブック」を拝見していて、サバイバルキャリアを効率化するツールだ、という一節がありました。大企業や公務員として一生働くということが当たり前じゃなくなっている時代っていうのは、最近ひしひしと感じています。スタッフがそれぞれ自立していて、それぞれに専門分野があって、それが有機的につながっている組織体みたいな会社が増えてくるだろうな〜しかも少数精鋭でと思います。

あと、世の中がすごい勢いで変化し続けているから、とにかく学び続けないと生き残っていけないと。そういった意味で、社内の中だけで生き残っていくための知識やスキルや人脈っていうのはめちゃくちゃ危険なのかも、なんて。

引用すると、

ノマドワークスタイルは企業に勤めるよりもリスクが低い、と感じている人もいます。(中略)「起業勤めは副業も禁じられる事が多く、シングル・ポートフェリオの状態。ノマドワークスタイルの人は複数の仕事や企業との取引があることがほとんどで、マルチ・ポートフェリオ化していて、むしろリスク耐性が強いのではないか。」と指摘します。LinkedInスタートブック  日々の仕事を加速し、人生をデザインするソーシャルネットワーク活用法

ちなみにこの本、Linkedinって何やねん!を理解するにも良いのですが、いわゆるキャリアデザインとか、ワークスタイルについても考えるよいきっかけになる本でした。おすすめ。

しかし、なんとなくではありますが、まだ関西ではほとんど普及認知されていない印象があります。やっぱり東京方面がこういった類の話は早い。というかむしろ、東京だとか大阪だとか関係なく、これからは日本って捉えたほうが良いのかもしれませんけど!

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。