FUJIFILMのX10が気になっている、既に旧式なのですか?

ひまわり畑

佐用町のヒマワリ畑

 

一昨年くらいに撮影した佐用町のヒマワリ畑です。

かなり旧式のデジタル一眼レフを使っているのですが、画素数もかなり低く、でもシャッター音がたまらなくて、ずっと使い続けています。でも、なんだかんだ言って、子どもが大きくなってきて、動き回って大変だったり、荷物が増えてきたりすると、もう少し小さいやつが欲しい。個人的にミラーレス一眼がなんでか邪道で!

なにが邪道って、そりゃあ、「ファインダー越し」に撮影できないからでしょう!光学ファインダーを別途つけるという手もあるのでしょうけど、なんか個人的にダメで。

ファインダーを覗くという行為によって、あちらの世界を撮っている感じになるのですね。この感覚、分かる人には分かるはず…

で、ずーっと前に、え、もはや2年以上前かよ!とも思うのですが、富士フイルムのX10が登場した時は萌えました。激しく。でも当時は高かった、こんな私には!でも今なら、少し頑張ればきっと手が届く。でも結構頑張らないとだけど。

なにせ光学ファインダーが備えついていて、デジタルデジタルしてないかんじのフォルム、それだけで個人的にたまらないんです。欲しい。欲しくてたまらない。

でも速射性とか、他のコンデジの携帯性に比べると、ちょっとあれだと思うのですが、そこは浪漫でどうにかしてしまおう。カメラって、新式、旧式ってそこまで関係ない、と思う。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。