1日セルフブランディング体験記が個人的にツボだった件。

メガネ女子

眼鏡女子的セルフブランディングには賛成(?)

Twitterで「いい人」を演じるための10のコツ #1日セルフブランディング

常見陽平さんがこないだTwitterで弾けていた「1日セルフブランディング」がめちゃ面白くて、最後のオチで書かれていたブログのエントリーが最高!って思ったので、ご紹介。

めちゃオモローです。なんだかスッキリ爽快。

TwitterやFacebookなどで、やたらと「感謝!」とか「是非!」とか、そんなんばっかりつぶやいたり、ごもっともな名言ばっかり言ってたりする人、いるなーって思ってた。最初はふーんって思ってたけど、気付けば優先的に「スルー」する対象にしていた。というか、そういう人はTwitterでもリストに入れないから、ほとんど見ない...メンテナンスも面倒なのでリムーブとかはしていないけど。(常見さんのエントリーによると、そういう人に限ってリムーブとかするとかなりうざいらしいw)

でもさ、実際によくよく観察するといますよね、知っている人とかでも。いや、ほんと稀にですよ。やたらと自己啓発とかに凝ってて、独立志向とか強かったり。で、よくよく聞いてくと、今話題のノマド氏のようなMLMをやっていたりする。(あえて分かりづらい表現にしてみた。)

そういう傾向ってありますよね。ある程度社会人をしていると、なんとなくそういうのって透けて見えるようになる。特に大きな組織を出たら余計にいろんな世界を見るから、すごく分かるようになった気がします。

セルフブランディングって、しんどいですよね。面倒ですよね。「いい人」を演じているんですから。演じているってそもそもその人の本性じゃないから、いつかボロが出ると思うなぁ。ナチュラル、自然体が一番ですよね。ブランディングって、その人の独自性そのものだから、経験とかからしかしみだしてこないと思うし。

自分だって最初はブログには特定のカテゴリーのことだけ書いて、その道の専門家としてのブランディングにもつながったら、お仕事とかにもつながるかな〜なんて思ってたりもした時期はありましたが、なんか自由に表現できない感じが息が詰まってしまう。だからどんなことも意味があるよーゆうて、ブログのコンセプトにして、なんでも書いてOKというふうにしたら、すごい自分も楽になった気がする。

まぁ、でもあれですよね。

「眼鏡女子」とかのセルフブランディングはぜひ推奨したいですけどね。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。