マーケティングや教育の場面などインフォグラフィックが重要な役割を果たしそう。

インフォグラフィック

easel.ly

今後、よりマーケティングを行う中で、当然のように利用されてくるかもしれないインフォグラフィック。今後、プレスリリースやランディングページ作成や、はたまたプレゼン資料にだって使う事になるかもしれない。いや、うまく使うと、分かりづらいサービスも直感で理解してもらえるようにできるかも。

今後、グローバル展開などを考えると、よりいっそう重要になること間違いなしですね。

Wikipediaより一部引用。

インフォグラフィックの基本の素材は、データ、情報、知識であり、それらが視覚的に表現される。データの場合、グラフ作成ソフトのような自動化ツールを使って、線や矩形や矢印や各種シンボルとピクトグラムでデータを表現する。インフォグラフィックでは、視覚要素を平易な自然言語で定義するという特徴を持つことがある。縮尺やラベルもよく使われる要素であるインフォグラフィックは情報を素早く簡単に表現したい場面で用いられ、標識、地図、報道、技術文書、教育などの形で使われている。

ソーシャルメディア上での展開拡散、ランディングページ、教育での利用などなど、いろいろと考えられます。ちょっと私も今後、気にかけておこうと思います。オンライン上でテンプレートをもとに編集できるようなサービスも登場しているようです。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。