60代で起業された方がめっちゃ輝いていた件。

StartUp Britain at BIS © by bisgovuk

先日、お世話になっている方のお母様とお話する機会がありました。そのお母様は会社を経営されているのですが、なんと60歳を過ぎてから起業を決意し、会計士や税理士さんにお願いせず、書類関係も全部ご自身で調べて会社を設立されて、とにかくアクティブでお元気。確か現在68歳。

阪神大震災で多くを失う経験をされたり、ご家族の経営する施設の状況が悪くなり撤退したり、お身体を悪くする経験をされたり、とにかく様々なご経験をされている中で、常に前向きでポジティブに、逆境をものともせず取り組んでこられたそう。

何より、とにかくイキイキしていてすごく楽しそうなのです。

一般的に60歳といえば、引退を考えたり、場合によっては定年退職の人がほとんど。そこから第二、第三の人生を始められる、そのアクティブさに敬服しますし、でもやっぱりそれだけアクティブな人は、とにかく【お若い】と思いました。

草食系男子が増えるわ、ゆとりが増えるわ、年収は400万円未満で十分さ、みたいな人が増えるわ、そんな世の中でいいのかい!(ちょっと関係ないかも?w セカオワが個人的に嫌なのは、あのなよっとした声。※もっと関係ない。)

Today is the first day of the rest of your life.

今日が残りの人生の初日だ!って考えて、全速力で駆け抜けたいね。たぶん。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。