変化を受け入れることはステップアップのチャンスだと認識する。

信号と空

信号機に従うことだけが人生ちゃうで、たぶん。

先日、Facebookでもらったコメントをちょっと引用してみます。

発想を変えれば、もっといいモノに出会えるチャンス。バージョンアップのきっかけになりますからね。

これはGoogleReaderが終了した時に次の良いものを探すとか、使い慣れたものを離れてもっと良いものに出会えるチャンスだったりするという意図のコメントです。

この言葉って、いろいろと示唆があると思うんです。別に使うサービスや製品の話に限ったことじゃないですよね。人って、ほとんどの場合は現状に満足していたら変化を嫌うものですし、保守的になりがち。もちろん「こだわり」を持つことはとっても良いことなのです。「こだわり」と「妥協による現状維持」は大きく違いますからね。

妥協による現状維持とか保守って、それは“あきらめ”だよなぁと思うんです。「あきらめたらそこで試合終了ですよby安西先生」じゃないですけれど、けっこう現状満足な人って多いと思う。でもそれが仕方ない環境であるケースも多いとは思う。職業特性や、抱えている責任などもあったりするから、新たなチャレンジを躊躇するのも分かりますよね。でも別に何かをやりながら、他の何かにチャレンジすることだって不可能ではないはず。

人の価値観って多様だから難しいですよね。

とはいえ、向上心は持ち続けたいですよね。人生最後まで勉強って思うと!そうしたらアクティブにもなれるし、きっとボケないと思うんだよな。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。