成功の反対は失敗ではなく、何もしないことだ。

最近はデジタルカメラだから失敗たくさんできるね。

最近はデジタルカメラだから写真も失敗たくさんできるね。

「成功の反対は失敗ではなく、何もしないことだ。」引用元:ザ・チーム (日本の一番大きな問題を解く)

“動けば変わる”とはよく言ったもので、行動することではじめていろいろなことがほんとの意味で動き出す。何も無いところに風は起きないですし。

行動しても何も変わらないしうまくいった試しがない、そんなのうまくいった人の結果論だっていう人もいる。けれど、まぁうまくいくまで改善をしてやったから、うまくいくのであって、失敗が無いと改善もされないですし、なんかそのあたりの感覚は行動して失敗して改善して何かがちょっと認められて初めて少しだけ分かるような気がする。

そういえば松下幸之助だって、「成功の秘訣は成功するまで続けることであり、失敗は失敗したところで辞めるから失敗になる」というような名言だってある。

失敗は成功のもと、というのはその通りで、失敗して何も改善しなくてまた同じ失敗をするのはよくないこと。でもまたそれも経験という意味では良いのかもしれないけどな〜。

行動し始めるということと、あとは継続すること。継続するためのいろんな工夫も必要。いわば習慣。失敗を改善する“習慣”も必要。PDCAサイクルをぐるぐる常に回すって簡単そうに見えてけっこうやらなかったりするし。

どこで失敗を見極めるかってのもきっと大事なスキルなのだ。まぁ、私なんて終わってみて初めて失敗だった!と気付くことは多々ありますけど。でも、それらが全て今の自分をつくっていると断言できる。

いろんな人が言っていることやけど、行動したり発信して初めて風が巻き起こるのかな。愚直にあーでもない、こうでもないっていろいろやり続けて、ギリギリになってようやく風が巻き起こってきて、つむじ風くらいになってきて。これが竜巻になって、台風になって、大嵐になって、ムーブメントになってくれたらと思う。

あまり名言的なのを高らかに言うのは好きくないのですが、「成功の反対は失敗ではなく、何もしないことだ。」というのは、その通りだと思っている。

デスバレイを超えろ!!

photo by: 55Laney69
ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。