システム開発のディレクションの反省備忘録。

システム開発ディレクション

システム開発をディレクションをした際の反省点等を備忘録として残しておきたいと思う。何を素人がしょぼいこと言ってるねん、というような内容かもしれないけれど、初めての経験でいろいろと大事なことが分かった気がします。

システム仕様の変更はつきもの?

ビジネスは高速で進んでいきます。突き詰めて突き詰めて考えてつくった設計書や仕様イメージ図も、「いや、やっぱりこうした方が良いのではないか」とか、そういったことも出てくる。

あとは、設計段階での想定不足による追加仕様。こればかりは、本当に申し訳ないとしか言いようがありません。しかし、システム開発には結構予測不可能なことも起こるし、どうしてもうまくいかない部分が出てきたりもする。

でも納期っていうものはあるわけで。たとえそれが自社さ―ビスの開発だったとしても、どんどん納期を後ろにずらすわけにもいかない。だって儲けがかかってるし、使いたいといってくれているお客さんが既にいたりするのだ。だから、そのたびに、開発の優先順位づけをしたりするわけです。

ディレクションをするというのは、進捗を確認しながら、全体を俯瞰し、状況の情報収集、新たな追加要件確認などをしながら、随時逐一、早め早めに優先順位づけをして、指示をしていかなければならない。

モチベーションの問題

人間、やろうと思っていたことを先に言われたり、やってる途中のこととか、わかってて後回しにしていたりすることを、やいのやいの言われると、ちょっと嫌な気分になる。しかも、ギリギリのスケジュールでみんながやっている中で、その事実のみの指摘だけで、まったく何のねぎらいの言葉もなしでストレートに言われると、誰だってカチンときませんか。

私はそのあたりの調整というか、ねぎらいとか、励ましとか、応援とか、相手の状況をできるだけ察しながらコミュニケーションをとることって、チームとしてミッションをコンプリートするにはめちゃくちゃ大事な要素だと思うんです。私としては最大限そこは配慮したつもりですが、それでもできなかったこととか、配慮が足りなかったところはあると思います。

でもこういったところは、やっぱりみんなで一体感を持ってやるためには必要ですね。疎かにしては決していけません。特に納期直前のギリギリの状態のときほど、そういった配慮は必要だと思います。マネジメントしたりディレクションする側の人ほどこころがけなければいけない。

 

というわけで、ぼちぼちブログ更新再開。まだまだ落ち着かないけどね!

photo by: dgray_xplane
ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。