任天堂の新ビジネス展開の発表内容について思うこと。

GameBoy

「QOL向上プラットフォーム」の第1ステップとして、「健康」をテーマに考えていることも明かされた。これまで培ってきた娯楽のノウハウと組み合わせることで、健康ビジネスにつきものの「継続の難しさ」も容易に乗り越えられる、と岩田社長。

引用元: 任天堂、新ビジネスは「健康」 ”ゲーム以外”の新領域でブルーオーシャン開拓狙う – ねとらぼ.

健康というテーマ、そして継続のむずかしさに関すること。娯楽のノウハウだけでは、絶対に難しい。ゲームは夢中にさせる要素をもつものですが、継続性があるかどうかは別。じゃあ、オンラインでつないでソーシャルにすれば楽しいかといえば、それもまた別。いや、むしろソーシャルゲームだって、けっこう飽きられる。

健康関連サービスの展開のむずかしさは、企業の規模に関係ないと思うので、Quolity Of Life向上プラットフォームというのはいいけれど、自社だけでそれをやろうと思うと失敗するんじゃないかと思う。異業種とのオープンイノベーション的な展開は必要なんじゃないかな。

ちょっといろんな意味で注目してみたいところ。

photo by: justusbluemer
ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。