トライアンドエラーを繰り返す意味を知る。

こんなベンチャーではない。

トライアンドエラーを繰り返し、繰り返し、行っては戻ってきたり、そしてまた戻ったり。本当にそんなことの繰り返しです。ベンチャー企業はこれでもかってくらい泥臭い。

なんであの時に気付かなかったんだろう。なんであの時にアイデアが出なかったんだろう。なんでこんなに時間がかかるのだろう。そんなことを思いながらも、冷静に振り返ってみれば、その時には足りないパーツがたくさんあったのだ。そしてトライアンドエラーを積み重ねた結果として、今ならあの時のプランが実現できる!ということもある。

トライしないとエラーもしない。そしてエラーから学ぶことの方が多い。失敗はお金を払ってでもしろって誰かが言っていたような気がするけど、気づけばそうなりますよね。

ギリギリでやっているベンチャー企業っていうのは、それだけ追い詰められているからかどうかは分からないけれど、きっと工夫をするものだ。これが出資金で溢れているならば、余計な投資もするだろうし、いけいけどんどんで攻めて、その結果として失敗した時の損失も大きくなるのかもしれない。

そりゃ、出資ガンガン集めている知人の会社なんてみていると、プロモーションを強化できたり、人員を強化したりできていて羨ましく見えることもある。

けれど、泥臭いながらも、着実に地道にビジネスモデルを構築することが今は先決。そんな気がしています。今年はまだまだしょっぱいけれど、でも活路が見えてきている。

やはり何事もやってみないといけないんだ。じゃないと、本当に強いビジネスモデルはできない。(と思う。まだ途中。)

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。