80%にコントロールすること。

いろいろな例えに使われる、腹八分という考え方ですけど、最近実感しっぱなしです。

食事と運動のコントロールによって、

・自分自身をコントロールすることの習慣化
・食事の満足感
・集中力の向上と維持
・ 生活習慣病予防と体調維持、活性化

など、様々な好影響があるという話。
ご飯は、満腹まで食べずに、よくかんで腹八分に抑えた方が、食事自体の満足感も高く、食後に頭もぼーっとしにくい。つまり集中力が高まる。そして何より、健康にも良い。

Fruits

私自身、現在はダイエット中で、なかなかうまく減量に転じなかったのですが、食べる量そのものもそうですが油物を減らすことや乳脂肪分を多く含んだデザートを回避すること、よく噛むことにより、意識的に減らすこと。そして無理ない程度に週に2〜3回きっちり運動をすることで、減量の方向に転じてきたようです。

実際、食べる量、及びカロリーを自分自身の一日の体重維持カロリーの25〜30%カットを維持し続けることで、人間(を含む多くの動物も)が誰でも持っている長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子と呼ばれるもの)を起動させることができるらしい。普段は眠っている遺伝子だが、起動させることで、老化を防止する効果がある。つまり、元気な状態で長寿を実現できる。

いつまでも若くいたいですし、私たちくらいの年代だと、いつまで働いているか分からないですからね(笑)

それと、食べる方も大事ですが、運動も大事。
いろいろな経営者の方の書かれた本などを拝読していても共通していることは、成功し、尚かつイキイキとしている方は、継続して運動をしている。もちろん、これも8分くらいでやらないと続かないし、身体に無理がかかったら逆効果。

例えば、私は今年、11月に人生初めてのフルマラソンにチャレンジするのですが、“走ること”は、明らかに集中力を高めると思う。もちろん走ることに関わらず、何かに没頭して続けることは共通するので、それ以外のスポーツもそうなんちゃうかな。

集中力を高め、そしてその継続時間も長くすると思う。

 

8分目の食事と、継続的な運動は継続しよう!

 

余談ですが、 何かの資料やウェブサイトなどに盛り込むコンテンツも腹8分か、それ以下が良いと思う。あれもこれもと詰め込むと、誰でも消化不良を起こすよなぁ。

 

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。