サトナオ・オープン・ラボ | Dentsu Online

リンク: サトナオ・オープン・ラボ | Dentsu Online.
ソーシャルメディア時代の新たな生活者消費行動モデルが、電通のサトナオ・オープン・ラボからリリースされている。
「SIPS」だ。
S (Sympathize : 共感する)
I (Identify : 確認する)
P (Participate : 参加する)
S (Share & Spread : 共有・拡散する)
全てにおいて、そこには「人間」とか「人間関係」が存在するキーワードだと思います。
本文より引用:”来るべきソーシャルメディア時代の広告コミュニケーションは、「つながり」と「共感」をキーポイントに大きく変化していくだろう。”
ごれまでのAISASや、AIDMAというものと同時に、SIPSという「人間」らしい、つながりを意識せざえるをえない概念になっていく(インターネットなんかが無い時代の、昔のコミュニケーションモデルに戻るだけかも。)
きっと時代はめぐる。

ブラ・トヨ

ブラ・トヨ について

真面目にゲームやアソビの利活用を研究中。 行列と渋滞が苦手。締めのラーメンは食べません。野球は観るのもするのも好きな元テニス部員。妄想と空想と現実の狭間で過ごす。時々ダークサイドが露出しますが許してください。